自分の居場所の放射線の強さが安全かを知る方法

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011年3月23日 Vol.150

放射線拡散

先週から東京都内を脱出する外国人が増えています。放射能被害を避けるためというのが理由です。


私の友人の外国人も大使館から指示が出たとのことで
13日には関西に脱出したとの連絡がありました。

 

しかし、文科省がネットで公開している首都圏(1都6県)での

放射線の計測値を見る限り、実は人体に被害を及ぼすような

数値になっていないことがわかります。

この投稿の続きを読む »

タグ


これだけは知らないと優良介護施設は見抜けない

日刊ゲンダイ 2011年3月15日号

nikkangen_110315ポイントは16項目

「元気な時と不自由になった時とでは、必要なものや希望するものの優先順位が変わります。それはある程度は致し方ないこと。なので、入居する親の立場となり、将来を見越した視点からの施設探しをお薦めしたい」

こう話すのは「親が70歳を過ぎたら読む本」(ダイヤモンド社)の著者、村田裕之氏(東北大特任教授)だ。老人ホームや介護施設は玉石混淆。最低限の見学でも、優良な施設を見抜けるポイントがあるという。同氏が挙げるポイントは全16項目だ(詳細は別表の通り)。

この投稿の続きを読む »

タグ


あなたの生き方を変えてしまう「親のこと」を知っていますか?

ダイヤモンド 経 2011年3月10日 コラム:親が70歳を過ぎたら読む本

title_dkei人生の成熟期の対処法を教えてくれる学校はない

子供から成人への成長期には、小学校から大学まで必要な基礎知識や学力を身につけるための教育の場が整備されています。

ところが、成人から中高年への成熟期には、自分の生活防衛のための知識や、よりよい後半生を過ごすための対処法を身につけるための教育の場は、残念ながらほとんどありません。したがって、こうした知識や対処法は独力で学ぶ以外に方法がありません。

この投稿の続きを読む »

タグ


老人介護施設優良格付けは信用できない

日刊ゲンダイ 2011年3月7日号

nikkangen_110309多人数=スタッフの質じゃない

「経済誌やネットの口コミをまとめた書籍のランキングは、ひとつの目安にはなっても、最終的な選択基準にはなり得ない。信憑性が低いからです」

こう話すのは「親が70歳を過ぎたら読む本」(ダイヤモンド社)の著者、村田裕之氏(東北大特任教授)だ。高齢者施設に詳しい同氏は、経済誌のランキングを例に挙げ、こう疑問を投げかける。

この投稿の続きを読む »

タグ


美点凝視の経済学 - 逆境を克服する日本の強み再発見

日経ヴェリタス 2011年3月6日~12日号

nikkeiv110306「世界一の超高齢国家・日本はシニアビジネスで世界のリーダーになれる」

私は一貫してこう言い続けてきましたが、ついに日経ヴェリタスがそうした記事を「美点凝視の経済学」として特集しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア市場の展望と地域におけるシニアビジネスの可能性

HRI Report3月号 特集

HRI_1103百五経済研究所が発行する月報の特集への寄稿「シニア市場の展望と地域におけるシニアビジネスの可能性」が掲載されました。

シニア市場に参入して苦戦する事例が依然多いのが実情です。特集ではシニア層の消費の実態から、地域におけるシニアビジネスの可能性についてデータも交えて解説しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像