今を大切に、それが最大の準備:定年後に起業する⑩

朝日新聞6月29日 なるほどマネー Reライフ 人生充実

asahi150629私はこれまで数多くの定年前後に起業された方を拝見してきました。現役時代にできなかったことを実現した方がいる半面、事業が軌道に乗らず、数年後に撤退した方もいます。成功する方は「定年前の過ごし方」に共通点があります。その中から四つのポイントを挙げましょう。

【自分の専門性を磨いておく】
身の丈起業であろうとも独立起業すれば何が自社(自分)の売りなのかが必ず問われます。現役時代に自分の専門性を磨き、「この分野なら誰にも負けない」という売りを持つことが重要です。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア層はお金持ち?

解脱7月号 連載 スマート・エイジングのすすめ 第7回

解脱会_0629「シニア層は、他の年齢層よりお金持ちである」という俗説

2013年10月現在、65歳以上の高齢者人口は3189万8千人、高齢化率は25・1%を超えています。その高齢者が保有する資産は、総務省統計局による「家計調査」平成24年(2012年)によれば、1世帯当たり正味金融資産(貯蓄から負債を引いたもの)の平均値は、70歳以上で2,101万円と最も多くなっています。

この投稿の続きを読む »

タグ


自分の看板で独自の情報発信:定年後に起業する⑨

朝日新聞6月22日 なるほどマネー Reライフ 人生充実

asahi_150622定年後に、自分の身の丈に合ったやり方でビジネスを始める「身の丈起業」。今回は事業を継続する際の実践的な心得についてお話しします。

【情報発信に注力する】

起業後は顧客開拓が極めて重要だと繰り返しお話ししてきました。そのためには情報収集が重要です。勉強会や異業種交流会などに顔を出すことも大事ですが、情報収集の最も効果的な方法は、実は情報発信です。

この投稿の続きを読む »

タグ


買い物支援の移動販売 コミュニティ構築の役割も

産経新聞 2015年6月19日

saikaya以前、シルバー産業新聞への寄稿で、近年は「モノ」の販売と提供の場所が「店頭」から「在宅」へ向かう例が増えており、その代表が「ネットスーパー」だが、百貨店もそうした動きを見せ始めている、という記事を書いた。

その内容をもとにしたような記事が昨日の産経新聞に掲載された。私への取材に基づくコメントも次のとおり掲載されている。

この投稿の続きを読む »

タグ


香港アクティブ・エイジング国際シンポジウムで基調講演します

7月3日 International Symposium on Active Ageing

IAASympo私がアドバイザーを務める香港理工大学アクティブ・エイジング研究所の設立5周年を記念して開催される国際シンポジウムで基調講演者にお招きをいただきました。このシンポジウムは、3日・4日に開催のSenior Expo Asiaのイベントの一つです。

講演のタイトルは、Smart Ageing: A Strategy for the Super-Aged Society(スマート・エイジング:超高齢社会における戦略)です。

昨年は民主化運動でゆらいだ香港ですが、もう一つのゆらぎは少子高齢化です。アジアで日本に次いで高齢化率が高いのが、実は香港です。

この投稿の続きを読む »

タグ


運転免許返納 優遇幅広く バス無料やシニア割引

読売新聞大阪版 2015年6月12日

yomiuri150612-26月12日の読売新聞大阪版くらし家庭欄に、取材にもとづく私のコメントの一部が次の通り掲載されました。

*******************
シニアビジネスに詳しい東北大特任教授の村田裕之さんは、「割引や特典を豊富にすることで返納が進めば、事故を防止し、高齢者にもメリットがある」と評価する。

ただ、都市部以外からは、サービスを利用したいが車がないからそこまで行けない、という声もある。村田さんは「交通を含めて、地方の高齢者がサービスを利用しやすくすることが重要だ」と指摘する。

この投稿の続きを読む »

タグ


高まる自分史人気 講座や編集支援続々

産経新聞 2015年6月12日

自分史講座本日の産経新聞のシニア欄に私への取材に基づくコメントが引用されています。

紙面には書かれていませんが、自分史の効用は大きく二つあると思います。一つは、自分史を執筆する活動が、認知力の向上や心理発達的な心地よさに結びつくこと。もう一つは、自分史というテーマを通じて同好の士との出会いや交流が深まることです。

この投稿の続きを読む »

タグ


青葉工業会での講演の様子をご紹介いただきました

青葉工業会ニュース 15年6月号 宮城県支部報告

青葉山キャンパス風景青葉工業会とは、東北大学工学部・工学研究科の教員・学生・卒業生及び仙台工業高等学校卒業生と工業教員養成所卒業生を組織する同窓会です。その同窓会が発行するニュースレターに昨年5月に行った私の講演の内容をご紹介いただきました。

この投稿の続きを読む »

タグ


50~60代の挑戦、米でも増加:定年後に起業する⑧

朝日新聞6月8日 なるほどマネー Reライフ 人生充実

asahi_150608「これまで長い間、大きな組織で、他人のために仕事をしてきました。これからは、自分のために働く自由が欲しかったのです」。こう語るジョン・スミスさん(57)は、28年間勤めた大手金融機関を辞め、金融アドバイザーとして独立起業しました。といっても社員はスミスさん1人。スミスさんのように大企業を辞め、起業して働き続ける身の丈起業米国の50~60代に増えています。

米国ではごく一部の職種を除いて定年がありません。定年は年齢による雇用の差別とされ、法律で禁じられているからです。また、日本のような終身雇用制度もありません。ある程度会社勤めをした後、独立起業する人の割合が高く、特に50~60代で身の丈起業する人が多くいます。

この投稿の続きを読む »

タグ


パナソニックショールーム特別セミナーで講演、参加無料です

6月27日 パナソニックリビングショールーム横浜

panasonic1506276月27日(土)13:30よりパナソニックリビングショールーム横浜で開催の特別セミナーで講演することになりました。

この特別セミナーは、パナソニックリビングショールーム横浜設立5周年記念イベントの「セカンドライフを楽しむ家づくり講座」の一つ。私の講演のタイトルは「自分らしくイキイキと元気に過ごす7つの秘訣」です。

このテーマはこれまで何度もお話ししている内容です。講演会に参加された方から次の通り好評を得ているものです。

第2の人生を元気に

この投稿の続きを読む »

タグ


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ

イメージ画像