東北大学が高齢者住宅・介護施設管理者養成コースを開講します

9月30日 東北大学加齢医学研究所附属スマート・エイジング国際共同研究センター

samsカリキュラム東北大学加齢医学研究所附属スマート・エイジング国際共同研究センターは、10月より「スマート・エイジング・マネジメント・スクール東京」を開講することになりました。

当センターはすでに本年4月に民間企業の健康寿命延伸ビジネス支援を目的とした「スマート・エイジング・カレッジ東京」を開講し、47社の参加を得て運営しています。

「スマート・エイジング・マネジメント・スクール東京」は、高齢者住宅・高齢者介護施設の管理者層が、複雑化する高齢者住宅・施設運営のマネジメントを学ぶ場として開講するものです。

この投稿の続きを読む »

タグ


世界保健機関WHO Global Forumで基調講演します

10月7日 World Health Organization Global Forum

GFIAP10月7日から9日に神戸で開催されるWHO Global Forum on Innovation for Ageing Populations(高齢社会への革新のためのグローバルフォーラム)で基調講演することになりました。

このフォーラムはスイス・ジュネーブに本部を置くWHOの日本での拠点WHO神戸センターが主催するもので、今年で2回目とのことです。

3日間におけるプログラムは多岐に渡り、世界各国から関係者が一堂に集まります。
プログラムの詳細こちらをご覧ください。

この投稿の続きを読む »

タグ


時代性の変化とシニアの消費行動の変化

不動産経済 連載 シニアシフトの衝撃 第11回

50歳以上ネットショッピング「時代性の変化」はシニアの消費行動に大きく影響する。今回は直近10年あまりでの時代性の変化とシニアの消費行動のトレンドについてお伝えする。

従来:退職後は、毎日遊んで暮らす
現在:退職後も、週3日は仕事をする

2000年代中頃までは、退職後は仕事をやめてのんびり過ごすライフスタイルが「ハッピーリタイアメント」の理想形だった。首都圏に住んでいる人なら、長野県や栃木県などにセカンドハウスを購入し、退職後は晴耕雨読を目指す人が多かった。また、多くのデベロッパーがアメリカ型の大規模なリタイアメント・コミュニティを模倣し、退職後の夢の生活を謳うゴージャスな自立型有料老人ホームを争って建設した。

この投稿の続きを読む »

タグ


TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」に生出演します

9月21日(月・祝)15:30よりTBSラジオ

tbsradio_daycatch敬老の日9月21日(月・祝)15:30よりTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」に生出演することになりました。

かつてマスコミ四媒体と呼ばれたテレビ、ラジオ、新聞、雑誌のうち、ネットの普及で一番落ち込んだと言われたのがラジオでした。しかし、対中高年、特にシニア層に対してはラジオの影響力はまだ侮れません。

ちょうど1年前の9月23日秋分の日にNHKのラジオ深夜便「明日へのことば」に出演した時に、そのすさまじい反響に驚かされ、ラジオの影響力を再認識したものでした。

この投稿の続きを読む »

タグ


フジテレビ「新・週刊フジテレビ批評」に生出演します

2015年9月19日5:00~6:00 フジテレビ

new_weekly_critique9月19日(土)の朝5:00からフジテレビの「新・週刊フジテレビ批評」に生出演します。

「新・週刊フジテレビ批評」は、フジテレビの放送番組についてチェックする自己検証番組。フジテレビの番組とその内容、テレビ界全体に対する意見、質問に答えるというもの。

私が出演するのは「The番組批評対談」というコーナー。今回は「シニア層に求められるテレビ」がテーマです。人口動態のシニアシフトが進むとともに、シニア層自体が昔と比べて“変化”しているなかで、今後シニア層にアプローチしていくために、テレビも変わらなくていいのか?そうであるならば、どう変わらないといけないのか?などについてお話しします。

この投稿の続きを読む »

タグ


アジア介護フォーラムが東京で 国内経営者ら9人登壇

2015年9月9日 高齢者住宅新聞

高齢者住宅新聞_0910高齢者住宅新聞に10月9日開催のAAIF in Japan 2015の記事が掲載されました。以下に記事全文を転載します。

*******************
シンガポールで開催されているアジア最大のシニアビジネスフォーラムの日本版「エイジング・アジア・イノベーション・フォーラム・イン・ジャパン」が10月9日、都内で開催される。主催はエイジング・アジア・イノベーション・フォーラム (AAIF)。

この投稿の続きを読む »

タグ


子供・若者向けの商品が、大人・シニア向けに売れないかを考える

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第101回

オトナグリコ紙オムツは、従来乳幼児向けの商品だった。ところが、社会の高齢化で要介護者が増え、大人向けの紙オムツの需要が増えていった。ユニ・チャームによれば、紙オムツ市場は2012年に乳幼児向けが1400億円だったのに対して、大人向けが1650億円となった。この年を境に乳幼児向けより大人向けの方が大きな市場になったのだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


「わくわく消費」がシニア層と日本社会を元気にする

C-magazine 2015年秋号 特集 シニア市場を切り拓け

c-magazine_表紙_0902キヤノンマーケティングジャパンのグループPR誌『C-magazine』特集「多様な価値観が溢れる時代の成功のカギとは?シニア市場を切り拓け!」にインタビュー記事が掲載されました。

記事タイトルは『「わくわく消費」がシニア層と日本社会を元気にする―――シニアマーケティングを読み解く視点』です。

インタビュー記事以外のコラム「シニア層はますますオンラインショッピングのヘビーユーザーになる!」も有用でしょう。

また、セブン-イレブン、第一興商DKエルダーシステム、タニタ健康プログラム、カーブスなどおなじみの事例紹介、プリヴェAGのハズキルーペ、明治乳業のメイバランスMiniカップ、タイガーの土鍋圧力IH炊飯ジャー、ブリジストンの電動アシスト自転車などシニア層のニーズに応えたヒット商品も取り上げられています。

シニア市場に取り組みたい方には参考になる情報が沢山掲載されています。私へのインタビュー記事は次の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ


自社の強みから差異化を考えよ 既存市場でいかに勝負するか

高齢者住宅新聞 介護保険に頼らないシニアビジネス成功の12のヒント 第4回

エコースタッフ市場調査に頼るな

多くの企業は、シニアビジネスを始める時に市場調査から入る。しかし、市場調査の結果、有望なビジネスの芽を見つけられたとしても、必要な経営資源が自社に乏しく、断念することがしばしばある。

したがって、新事業を企画する場合は、自社の強みが何で、それをどう活用すれば市場で差異化できるかを徹底的に考えていく方が近道だ。

この投稿の続きを読む »

タグ


スタバ、高くても売れるワケ 顧客「体験」にこそ価値

日本経済新聞夕刊 2015年9月2日 読み解き現代消費

シアターオーブ_熱狂する観客日経夕刊2面の連載コラム「読み解き現代消費」に『スタバ、高くても売れるワケ 顧客「体験」にこそ価値』を寄稿しました。

「読み解き現代消費」は、毎週水曜日、気になる消費トレンドについて、その背景などを読み解くコラムです。私も執筆者の一人に名を連ねており、一か月半に一度のペースで寄稿しています。以下に全文を掲載します。

この投稿の続きを読む »

タグ


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ

イメージ画像