「シニアビジネス」の解説でTBSテレビ「ひるおび」でコメントします

201353113:10TBSテレビ系列

hiruobi531日の13:10頃からTBSテレビ「ひるおび」にシニアビジネスの解説でコメントします。(電話インタビュー出演です)

 

先週のフジテレビのスーパーニュースの時と似ていて、先日東京・有楽町の国際フォーラムでイオングループが「Grand Generations Collection in Tokyo 2013」というイベントを開催したのに合わせたビジネス動向の解説を行うものです。

 

この投稿の続きを読む »

タグ


「高齢者ビジネス」の解説でフジテレビ・スーパーニュースに出演します

201352418:00過ぎ フジテレビ系列

supernews524日の18:00頃からフジテレビ・スーパーニュースに「高齢者ビジネス」の解説で出演することになりました。(インタビュー出演)

 

ちょうど、本日から東京・有楽町の国際フォーラムでイオングループが「Grand Generations Collection in Tokyo 2013」というイベントを開催するので、それに合わせたビジネス動向の解説を行うものです。

 

インタビューでは、①今、シニア市場は実際どの位の規模があり、今後どの程度の規模まで成長する可能性があるのか、②そもそも、なぜ、今、企業がシニア市場をターゲットにしているのか、シニアシフトの進行について、③アベノミクスは、シニア市場にどういう影響を及ぼしているのか、などについてお話ししました。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本、長寿世界一を維持? WHO報告速報

スマートシニア・ビジネスレビュー 2013516Vol.193

WHO_WHS2013世界保健機関(WHO)15日発表した2013年版の世界保健統計(World Health Statistcs)によると、2011年の日本人の平均寿命は83歳で、スイス、サンマリノと並び世界で最も長いことがわかりました。

 

ただし、男女別の平均寿命で見ると、女性は86歳でやはり日本が世界一なのに対して、男性は79歳で世界一ではありません

 

男性で日本よりも平均寿命の長い国は、1位がカタールの83歳、2位がサンマリノの82歳、3位がアイスランドの81歳、4位がイタリア、イスラエル、オーストラリア、カナダ、シンガポール、スイス、スウェーデン、クウェートの80歳です。

 

ちなみに、男女合計で1位、男性で2位のサンマリノは、イタリアに囲まれた人口32,000人強の小国家です。独立国家なので、統計上は一つの国として扱われますが、ある程度の人口・経済規模の国家としてはスイスの平均寿命が長いことが目を引きます

 

実は私は昨年5月にスイスで開催された日本とスイスの高齢化に関する専門会議に参加していたこともあり、身近な感じがしています。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアビジネスの基本は「不」の解消

保険毎日新聞 連載 保険業界はシニアシフトにどう対応すべきか?第2回  

imageシニア本人が意外に知らない要介護になる原因

 

シニアの生活上の不安は1つめが健康不安、2つめが経済不安、3つめが孤独不安である。3つめは、生きがい不安と言ってもよい。これは日本だけでなく、欧米でもアジアでも共通だ。ある程度生活水準が似ていれば、人間が齢を取ると必要になるものは似てくるのだ。

 

図表1は内閣府による調査(平成21年度)だが、「自分や配偶者の健康や病気のこと」、「自分や配偶者が寝たきりや身体が不自由になり、介護が必要な状態になること」が上位に挙がっている。一方で、私が知る限り、何が原因で「要介護状態や寝たきり」になるのかをきちんと理解している人は少ないようだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアシフトに取り組むべき業界と今後の対応

20135177:30頃 九州朝日放送ラジオ 武内裕之ザッツ・オン・タイム

kbc_thatsontime517日(金)朝7:30頃、九州朝日放送KBCラジオの「武内裕之Thats On Time」に再び出演することになりました。

 

番組パーソナリティの武内裕之さん(私と名前が同じ!)が、拙著「シニアシフトの衝撃」をお読みいただいて以来、すっかり私のブログやフェイスブックなどのウォッチャーになられて、シニアビジネスの最近の動向について話してほしいとのことでお声がかかりました。

 

私が出演するのは、「武内裕之Thats On Time」のなかの「That’sフォーカス」というコーナー。このコーナーは、その日その時の気になるニュースを分かりやすく解説・政治、経済、国際情勢、社会問題など、独自の視点で朝のニュースを斬るそうです。通常は、地元の有識者が解説されているようですが、今回は特別に私がお招きいただくものです。

 

番組の聴き方は、次の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ


夫の退職で妻の消費行動はどう変わるのか?

2013510 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第74

image夫が現役か退職かで変わる妻の消費行動

 

団塊世代の定年退職が少しずつ増えている。だが、配偶者の退職で妻の消費行動がどのように変わるのかは意外に知られていない。

 

リビングくらしHOW研究所が50代、60代の女性を対象にした調査によれば、「夫は現役で働いていますか」と女性に聞くと、50代では73.8%がまだ現役。ところが60代になると17.9%しかおらず、55%は無職となっている(図表1)。50代と60代では、夫の状態がかなり違う。

 

この母集団に、たとえば「第二の人生を考える時に、住まいはどこにしたいですか」と尋ねた場合、50代は半分が「いまのままでいい」と答えるが、残りの半分のうち、21.3%が「親のそばに引っ越す」「都心のマンションに引っ越す」「リゾートや田舎に引っ越す」など、いろいろ答えるが、28.7%が「わからない」と答える。

 

つまり、期待と幻想を持っている人と、予想がつかない人とを合わせて半分なのである。50代では、自分の夫がこれからどうなるかが、まだわからない人が多い。また、両親が要介護状態だとさらに不確定要素が増す。

この投稿の続きを読む »

タグ


なぜ、スマート・エイジング・カレッジは高齢者だけの学び舎にしないのか?

2013510 スマート・エイジング・カレッジ

IMG_1020_3510日のスマート・エイジング・カレッジで「これから世界中で起こるシニアシフトと日本の役割」と題して講義を行います。

 

東北大学が主催するスマート・エイジング・カレッジは、419日に第2年度が開講しました。今年度では早くも第2回目の講義での登壇となります。

 


<写真:センター1Fロビーにあるセンターのコンセプト説明パネル>

スマート・エイジング・カレッジの受講生は定員
100名。昨年度は公募で350名の応募があり、書類選考で100名が選抜されました。

 

受講生の50%60歳以上の方。残りの50%50代、40代、30代がそれぞれ同じ割合ずつとなっています。これに加えて20代の研究生、大学院生も参加します。

 

こうした年齢配分にした最大の理由は、「高齢者だけのカレッジにしない」ためです。

この投稿の続きを読む »

タグ


How Robots Are Changing the Way We Age

201353The Fiscal Times(電子版)

imageアメリカのThe Fiscal Times(電子版)に掲載のHow Robots Are Changing the Way We Age(ロボットは私たちが年を取る方法をどのように変えようとしているのか)という記事に私のコメントが引用されました。

 

記事全体はアメリカの高齢社会にロボットがどのような役割を果たせるのかという内容です。多くの国がそうであるようにアメリカも日本がこの分野のリーダーであると見ており、とりわけ介護ロボットへの関心は高いものがあります。

 

というのは、アメリカも日本同様、人数の多いベビーブーマーが高齢者の仲間入りをしつつあるからです。アメリカのベビーブーマーの定義は1946年生まれから1964年生まれ。日本よりも年代が広く、かつ人口が多いことから総勢7,800万人の人数が存在します。

 

この莫大な人数の人たちの健康状態をどう維持するか、健康状態が悪化した時、誰が、どのように支えるのかについては国としての方針があまりはっきりしていないのが現状です。

 

先日シンガポールで開催されたAAIF2013でも議論しましたが、超高齢社会になると何がどうなるのかという現実に最も理解しているのは日本です。日本での試行錯誤は高齢化するアメリカでも役に立つのです。介護ロボットの分野は、その象徴的な部分と言えましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ


脳と運動器維持 要介護予防

毎日新聞 連載 村田裕之のスマート・エイジング  第2回

要介護主原因65歳以上の方に生活上の不安を尋ねると「病気や認知症になり、要介護状態や寝たきりになること」が必ずトップに挙がります。一方で、何が原因で「要介護状態や寝たきり」になるのかをきちんと理解している人は少ないようです

 

厚生労働省国民生活基礎調査(2010年)によれば、介護が必要になった主な原因の第1位は男性が脳血管性疾患、女性が認知症です。脳血管性疾患は脳卒中と呼ばれ、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などがあります。第2位は男性が認知症、女性が脳卒中です。ただし、認知症の原因の3割が脳卒中なので、男女とも脳卒中の割合が大きいと言えます。

 

第3位は高齢による衰弱ですが、特に「サルコペニア」と呼ばれる加齢に伴う筋肉量の減少が主な原因と言われています。第4位はひざや腰などの関節疾患、第5位は骨折・転倒です。これら五つで要介護状態になった原因の7割程度を占めています。

この投稿の続きを読む »

タグ


Overseas players eye a share of the S’pore home-care pie

201352Today(シンガポールの英字誌)

tpday_cover_13050252日のシンガポールの英字誌Todayに先日シンガポールで開催のAAIF2013での取材をもとにした記事が掲載されました。

 

オーストラリア、マレーシア、日本(私)、シンガポールの専門家の意見をそれぞれ取り上げ、今後のシンガポールの高齢者介護サービスの方向性について探っている記事です。

 

シンガポールも含めて、どの国も高齢化率が低いうちは、医療サービスへの予算配分が高くなります。しかし、社会全体の高齢化が進み、高齢化率が上昇するにつれ、介護サービスへの配分が高くなります。さらに進むと、介護そのものだけでなく、介護予防により重点化する必要があり、日本はまさにこの段階に差し掛かりつつあります。

 

シンガポールは今後20年で現在の日本と同等の高齢化率が見込まれています。これは大変なペースであり、それを見据えてどの分野に重点的に予算配分するかを政府で検討しています。

 

今回の記事はこれを意識した内容となっており、外資の資金と知恵を巧みに活用するシンガポールらしいスタイルの記事と言えましょう。

 

以下に全文を掲載します。

この投稿の続きを読む »

タグ


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ

イメージ画像