シニアシフトの衝撃 台湾での出版が決定しました

2013328日 ちょっと一息

IMG_0644-2拙著「シニアシフトの衝撃」が、台湾大手の圓神出版グループの先覚出版から中国語で翻訳出版されることになりました。

 

「シニアシフトの衝撃」が海外で翻訳出版されるのは、韓国語版に続いて二つ目の事例となりました。実は私の著書が中国語に翻訳されるのは初めてです。

 

台湾の首都、台北の中心部は東京の都心のようですが、ちょっと郊外に行くと、日本の昭和40年代のような風景がまだ多く見られます。

 

また、公共交通機関が少ないため、町中をスクーターがビュンビュン走っている風景が見られます。一般市民の暮らしぶりを見る限り、日本の一昔前の雰囲気です。

 

一方で、台湾でもベビーブーマーのリタイア、日本以上に進む少子化による急激な高齢化の問題に危機感が高まっており、高齢化対応に関する日本での取り組みへの関心が高まっています。

この投稿の続きを読む »

タグ


アメリカでの認知症改善の物語、2つの国際映画祭での上映決定

2013325日 仙台放送

私の名前わかりますか東北大学スマート・エイジング国際共同研究センターが深く関わっている活動をもとにした映画が、アメリカの二つの国際映画祭にノミネートされ、4月に上映されることになりました。

 

映画のタイトルは『Do You Know What My Name Is?』(ドゥー・ユー・ノー・ホワット・マイ・ネーム・イズ、私の名前をわかりますか?)。

 

来る43日から開催のクリーブランド国際映画祭(アメリカ・オハイオ州)と、44日から開催のアメリカンドキュメンタリー映画祭(アメリカ・カリフォルニア州)において主要な賞を競うコンペティション部門の候補作に選ばれ、正式上映されることになりました。

 

この映画は、スマート・エイジング国際共同研究センター長の川島隆太教授の研究結果をもとに日本で生まれた「読み・書き・計算」と「対面コミュニケーション」等によって認知症の改善を目指す取り組みを、仙台放送が約1年間、アメリカを舞台に取材したものです。

この投稿の続きを読む »

タグ


書籍紹介:シニアシフトの衝撃

月刊アイ・エム・プレス 20134月号

I.M.press_2013年4月号_表紙_2本誌3月号の特集のインタビューにもご登場いただいた、村田アソシエイツ代表村田裕之氏の近著。15年前からシニアビジネスの全画・立ち上げ・支援を実践してきた経験をベースに、数多くの事例と最新データを交えながら、シニア・マーケットの現状と未来について解説する。

 

シニアシフトとは、人口動態、そして企業の顧客ターゲットが、若者中心から高齢者中心へとシフトすることだが、この流れは加速化する一方。これをまだビジネスに生かしていないとすれば、みすみすビジネスチャンスを逃していることであり、今すぐアクションをとるべきだと促す。

 

シニアビジネスに参入したものの苦戦している企業の多くが見逃しているのが、シニア市場の多様性。シニア層の場合、消費行動の引き金になる変化の種類が多く、なおかつ、その変化が訪れるタイミングが人によって異なっているため、マスマーケティング手法が通用しにくいのだという。

この投稿の続きを読む »

タグ


人はいくつになっても学び続けることで成長できる

322日 スマート・エイジング・カレッジ修了式と村田ゼミ最終回

懇親会322日午前中に昨年四月から始まった東北大学スマート・エイジング・カレッジ第一期生の修了式が行われました。その午後に私が担当したゼミの最終回を行い、夕方に受講生からの提案で、懇親会を開催いただきました。写真はその時のものです。

 

ゼミは、拙著「親が70歳を過ぎたら読む本」をテキストとしたものです。ただし、70歳を超えた人でも参加できるように「親が70歳を過ぎたら親子で考えること」というテーマ名にして、昨年11月からスタートしました。

 

「親が70歳を過ぎたら読む本」は、相続、介護、認知症、成年後見といった高齢の親に関わるトラブルをいかに予防するかというのがテーマです。これをもとに、ゼミでは毎回受講生が二人ずつ、こうした分野に関わるご自身の体験をプレゼンし、それをケーススタディとして皆で討論するというスタイルにしました。

 

主催者の自分が言うのも何ですが、このゼミのテーマは、決してわくわくする楽しいものではありません。しかもどのケースも個人のプライバシーに深くかかわるものであり、当初はこのゼミは本当に成り立つのか不安がありました。

この投稿の続きを読む »

タグ


これからアジアでも進むシニアシフトを体感する4日間

Ageing Asia Investment Forum (AAIF) 2013

AAIF2013-brochure-v2-11-731x1024来る415日から18日まで、シンガポールのパンパシフィックホテルで開催されるAgeing Asia Investment Forum (AAIF)2013において、基調講演、パネルディスカッションに登壇し、最終日にワークショップを開催することになりました。

 

私がAAIFに参加するのは今年で3度目。昨年は、アジアを中心に米国、カナダ、英国、オーストラリアなどの20か国から延べ900人を超える人が参加し、各国の経営者、政府関係者、NPOリーダーと2日間さまざまなテーマで発表・討議を行いました。

 

近年成長著しいアジア市場にも「人口のシニアシフト」は確実に進んでいます。とはいえ、一口でアジアと言っても広範で多様であり、内実は複雑です。

 

たとえば、高齢化率は日本が24.1%なのに対し、香港や韓国、シンガポールがいずれも1012%程度で日本の半分ほどです。ところが、これらの国と地域は次の20年で急速に高齢化する見通しで、それぞれの政府も危機感を強めています。

 

一方、中国の高齢化率は8%程度なのですが、実人数で言えば圧倒的に多い。60歳以上の人口は16,000万人くらい、65歳以上でも11,000万人はいる。しかし、この人たちが裕福かというとそうではなく、9割程度はお金がない層といってもいいと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ


おすすめのビジネス書:シニアシフトの衝撃

北区商工通信「新しい風」

北区商工通信_No.88_表紙_2東京都北区地域振興部振興課が発行する北区商工通信「新しい風」のおすすめのビジネス書で「シニアシフトの衝撃」が紹介されました。

 

書評の最後に「シニアビジネスで日本は世界のリーダーになれるという結論は類書と変わらない」とのくだりがあります。

 

しかし、私が20061月にダイヤモンド社から上梓した「団塊・シニアビジネス 7つの発想転換」のエピローグでこのことを主張するまで、他に類書はなかったことを明記しておきます。

 

以下「新しい風」での書評です。

この投稿の続きを読む »

タグ


スマート・エイジング社会とシニアビジネスの役割

2013323日 ビジネスモデル学会2013春季大会

bma323日に東京大学本郷キャンパス工学部で開催されるビジネスモデル学会での特別講演に登場します。

 

私の講演のタイトルは「スマート・エイジング社会とシニアビジネスの役割」。拙著「スマート・エイジングという生き方」で紹介しているエイジングについての考え方を中心に、超高齢社会の課題解決のためのシニアビジネスの役割についてお話しするつもりです。

 

一方、この学会全体のタイトルは「エイジレス社会のビジネスモデル」だそうです。エイジレス(Ageless)という言葉をマーケティングの世界に初めて導入したのは、アメリカの著名なコンサルタントで、私の親しい友人であった故・デイビッド・ウルフです。

 

彼が1990年に出版した「Serving the Ageless Market」という著書でその詳しい考えが述べられています。その邦訳本が中央法規出版から「エイジレスマーケット-シルバーマーケット攻略のための戦略」というタイトルで出版されています。

 

一方、このAgelessという言葉の使い方には注意が必要だと考えています。Agelessとは、文字通り「年齢がない、年齢に無関係な」という意味です。このため、ウルフが著書のタイトルにしたAgeless Marketというと、「年齢に無関係な市場」ということになります。

この投稿の続きを読む »

タグ


03/17/2013 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

テレビ版:世界中で進む高齢化と日本の役割

2013323 仙台放送 テレビで学べるスマート・エイジング教室

tvsacollege323日(土)朝5:30から仙台放送の番組「テレビで学べるスマート・エイジング教室」で、さる222日のスマート・エイジング・カレッジで行った講義「世界中で進む高齢化と日本の役割」が放送されます。

 

この番組は、昨年4月のスマート・エイジング・カレッジ開講に合わせて始まったもので、毎週土曜日の朝5:30に放送されています。

 

興味深いことに、土曜の朝5:30というニッチな時間帯にもかかわらず、何と毎回3%近い視聴率がある人気番組となっています。やはり、シニアの方には早起きの方が多いからでしょうか・・・

 

スマート・エイジング・カレッジの講義が受講できるのは、あいにくカレッジの受講生のみですが、この番組のおかげで、受講生以外の方もカレッジ講義の一端に触れることができます。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアの消費を促す知的新陳代謝モデルに必要なものとは?

2013310 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第72

image知的新陳代謝モデルでの時間消費

 

時間に余裕ができると、学ぶことに意欲を見せるシニアも多い。私が所属する東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同研究センターで始めた「スマート・エイジング・カレッジ」は100名の受講生のうち、半分以上が60歳以上の方である。公募したところ、350名を超える申し込みがあった。

 

一方、民間企業が運営するカルチャーセンターもシニア受講生が多い。学ぶという行為は、最も知的で楽しい時間消費だからだ。この「知的な時間消費」をモノ消費に結びつけられれば、コト消費からモノ消費への自然な流れができる。

 

これを狙って、カルチャーセンターとモノ消費とを結びつけようとする動きが増えてきた。だが、これも安直にやると売り手の狙いとは逆に機会損失の多いビジネスモデルに陥ってしまう。

この投稿の続きを読む »

タグ


快適で楽しい老後を実現するための準備

201334日 経済日報(Hong Kong Economic Times)

130304-HKET_C11香港の経済紙、経済日報(Hong Kong Economic Times)の特集記事に私へのインタビューをもとにした記事が掲載されました。原文は広東語です。

 

記事中に左の欄にはスマート・エイジングに関する記事がまとめられています。記事真ん中と上部にはカーブスの写真が引用されています。

 

日本よりも出生率の低い香港でも「人口動態のシニアシフト」が確実に進んでおり、これから高齢化が加速することが予想されています。

 

高齢化で先頭を行く日本の対応から学びたいという姿勢はここ数年アジアの多くの国で感じます。「企業活動のシニアシフト」を進めることで、日本はアジアのみならず、世界各国に対してビジネスを通じて貢献することができる可能性が大きいのです。

 

以下は、本記事のベースになっている私へのインタビュー内容です。

この投稿の続きを読む »

タグ


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ

イメージ画像