スマート・エイジングという生き方 書評:経済界

2012731日号 経済界

経済界120731号_表紙_2経営者向けの経済誌「経済界」731日号に「スマート・エイジングという生き方」の書評が掲載されました。以下はその内容です。

 

「アンチエイジング」ではなく、「スマート・エイジング」。「脳トレ」で有名な川島教授と、高齢社会研究の第一人者村田氏が提唱するこの新しい概念は、エイジング(加齢)による経年変化に賢く対処し、個人・社会が知的に成熟することを言う。

 

高齢社会というと介護や医療、そのコスト負担などが語られることが多い。だが超高齢社会を生きる上で必要なのは、人間が本来持っている「生きる意欲」をかきたてることが最も自然な介護予防になると提言している。

 経済界120731号_書評_2



経済界は

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像