退職した上司の姿

ちょっと一息 2011年10月12日

sanrin先日、私が社会人としての歩みを始めた会社の先輩から

一通の便りが届きました。

 

それは、私がその会社を退職した時の

直属の上司の次のような近況が

写真とともに綴られていたものです。

 

退職後、北海道に移住され、すっかり溶け込んで10数年。

地元の方々の厚い尊敬を受け、

趣味の木工細工は、家一軒の完全建直しまで

独力で行う匠の領域に達しています。

 

また荒れ果てた森を再生させるべく、

自費で広大な山林を購入して手入れされ、

豊かな森に再生する活動を6年以上続けておられます。

 

20数年前の苦渋の表情を浮かべていた

ビジネスマン時代の上司の印象しかなかった私は、

すっかり仙人のような風貌に変わり、

しかし、元気そうな様子を見てつくづく思いました。

 

ああ、自分が20数年前に見ていた上司の姿は、

実は仮の姿だったのではないか。

 

いや、上司もあの時代があったからこそ、

今があるのではないか。

 

20数年前の思い出と今の思いとが

混ぜ合わさった不思議な感触に包まれました。

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像