どうすれば後半生をイキイキと元気に過ごせるか?

8月30日 河北新報

150830_kahoku9月26日に仙台市の河北新報社1Fホールで開催される「河北一日大学セミナー」で講演することになりました。本日(8月30日)の河北新報朝刊でも大きな告知案内が掲載されています。

講演タイトルは「どうすれば後半生をイキイキと元気に過ごせるか?土地オーナーのためのスマート・エイジング」

仙台市または宮城県在住の方であれば、東北大学が開催している「スマート・エイジング・カレッジ」のことをご存知の方は多いと思います。このカレッジは、東北大学が06年から提唱している「スマート・エイジング」の考え方に基づき、12年より毎年100名の市民受講生が参加して開催しているものです。

スマート・エイジングとは、単に健康寿命を延ばすだけでなく、生涯にわたり元気でいきいきと生活するための考え方です。スマート・エイジングに必要な要素は①認知刺激②運動③栄養④社会性――の4つで、これらをバランスよく取り入れれば、賢く健康に年を重ねることができます。

この講演では、なぜ、高齢者住宅のオーナーになることが、スマート・エイジングの実践に役立つのかについてお話しします。

参加無料、ただし定員120名、募集締め切りは9月16日必着とのことです。仙台市周辺在住の方でご興味のある方はぜひ応募ください。

参考文献:
スマート・エイジングという生き方

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像