ネット通販、シニアにも 便利さでじわり浸透

日本経済新聞夕刊 2016年9月7日 読み解き現代消費

160907nikkei日経夕刊2面の連載コラム「読み解き現代消費」に『ネット通販、シニアにも 便利さでじわり浸透』を寄稿しました。

「読み解き現代消費」は、毎週水曜日、気になる消費トレンドについて、その背景などを読み解くコラムです。私も執筆者の一人に名を連ねており、一か月半に一度のペースで寄稿しています。以下に全文を掲載します。

***********************************************************************
千葉市に住む飯塚敏弘さん(72)は定年退職後にパソコンを習得し、今では旅行の申し込みや食料品購入にインターネット通販を活用している。複数の会社の価格や品質、サービスを細かく比較し、注文を決めているという。自宅からスーパーまで距離があるが、ネットスーパーで注文すれば「飲料や酒など重いものを運ぶ必要がない」のも気に入っている。

飯塚さんのようなシニアのネット通販利用者は確実に増えている。総務省の家計消費状況調査(2015年)によれば、2人以上の高齢者世帯の1カ月当たりのネット通販利用額は03年に460円だったのが、14年には3462円に増えた。7倍の伸びだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


買い物支援の移動販売 コミュニティ構築の役割も

産経新聞 2015年6月19日

saikaya以前、シルバー産業新聞への寄稿で、近年は「モノ」の販売と提供の場所が「店頭」から「在宅」へ向かう例が増えており、その代表が「ネットスーパー」だが、百貨店もそうした動きを見せ始めている、という記事を書いた。

その内容をもとにしたような記事が昨日の産経新聞に掲載された。私への取材に基づくコメントも次のとおり掲載されている。

この投稿の続きを読む »

タグ


「店頭」から「在宅」へ 超高齢社会での小売業の進化

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第97回

「店頭」から「在宅」へ:11年前の予言が高齢化で現実に

ido01私は11年前に上梓したシニアビジネス 多様性市場で成功する10の鉄則で、これから商品の提供場所は「店頭」から「在宅」へ向かうと予言した。当時取り上げたのは、一人暮らしの生活周りを支える「ミスターハンディマン」というアメリカ発のニュービジネスだった。

ハンディマンとは、もともと「雑役夫」の意味。主に一人暮らしのシニアに、通常の専門業者がやらない、ちょっとした大工仕事から部屋の額縁の取付け、雨トイの掃除などの「雑役」をひとまとめにしてサービスする。

この投稿の続きを読む »

タグ


大量輸送に慣れきった鉄道会社のシニアシフト戦略とは?

210 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第83

ななつ星ヨーロッパ型のゴージャス車両でシニアのコト消費をモノ消費につなげる

 

私は07年に上梓した拙著「リタイア・モラトリアム」で、団塊世代の退職が本格化すると在来線には昼間走る「ゴージャス車両」が復活する、と予想した。ここ数年、ようやくその予想が現実化している。

 

JR九州が10月に運行開始した豪華寝台列車「ななつ星in九州」は、その代表だ。高級感ある内外装にこだわり、3泊4日または1泊2日の日程で九州を回る。旅行代金は1人15万~55万円だが、60代を中心に来年6月出発分まですでに予約が埋まっているとのことだ。

 

しかし、「ななつ星」は多くの注目を浴びているものの、定員わずか30人と規模が小さい。しかも、料金もかなり高めであり、リピート客がつきにくく、収益性の面でもあまり期待できない。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアシフトと業界の取るべき方向性 (5)鉄道産業

販促会議1月号 連載 実例!シニアを捉えるプロモーション 第11

ななつ星高度成長を牽引したインフラ、鉄道産業もシニアシフトとともに新たな成長戦略が求められている。鉄道産業の共通課題は、駅周辺住民の高齢化に伴う旅客減、駅関連施設の利用者減である。しかし、他業界と同様、シニアシフトという変化は新たな需要を生み出しており、それをいかに自社の事業機会に取り込めるかにかかっている。

 

1.ヨーロッパ型のゴージャス車両でシニアのコト消費をモノ消費につなげる

 

私は07年に上梓した拙著リタイア・モラトリアムで、団塊世代の退職が本格化すると在来線には昼間走る「ゴージャス車両」が復活する、と予想した。ここ数年、ようやくその予想が現実化している。

 

JR九州が10月に運行開始した豪華寝台列車「ななつ星in九州」は、その代表だ。高級感ある内外装にこだわり、3泊4日または1泊2日の日程で九州を回る。旅行代金は1人15万~55万円だが、60代を中心に来年6月出発分まですでに予約が埋まっているとのことだ。

 

退職したら必ずやることの筆頭が旅行である。ただし、退職者は時間に余裕があるため新幹線で拙速に移動する必要はない。だから、昼間の在来線にゴージャス車両を走らせれば、利用者は間違いなく増える。しかし、「ななつ星」は多くの注目を浴びているものの、定員わずか30人と規模が小さい。しかも、料金もかなり高めであり、リピート客がつきにくく、収益性の面でもあまり期待できない

この投稿の続きを読む »

タグ


2025年、超スマートシニアの出現で市場はどうなる?

2013910 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第78 

図表12025年、高齢者のネット利用率は飛躍的増加

 

最近、街なかでスマートフォンを操作している高齢者の姿に出くわすことが多くなった。実際、年齢別インターネット利用率はここ10年間で高齢者の伸びが最も顕著である。

 

利用者が増えている理由は、①ネットを使わなかった人が利用するようになったことと、②若い時代に使っていた人が年を取ってもネットを利用し続けていることだ。このペースでいくと2025年の高齢者のネット利用率は飛躍的に増えることが予想される。

 

図表1は女性人口と要介護人口の数だが、男性も同じような推移をたどる。そこにネット利用率の予測を合わせてみた。例えば83歳では要介護者とそうでない人の割合が50%ずつ。そしてネットの利用率は45%に達する。この数値はほぼ50%であり、IT機器普及の観点から言えば、ほとんど普及段階といってよい。つまり、高齢者においてもネット利用が当たり前の時代になるということだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


『おばあちゃん達のタブレット革命!』BSジャパン 7PMに出演します

2月12日19時~1955分(生放送)BSジャパン 7PM

7pm2月12日(火)19時から放送のBSジャパン「7PMにゲスト出演します。

テーマは『おばあちゃん達のタブレット革命!』

 

シニアの生活に根付くコンピューターライフ、タブレットという新しい形態で生活はどのように変化したか?今後どのように進化していくのか?どんな活用方法が考えられるのかなどのテーマのもと、自由なトークを行う予定です。

 

私以外のゲストは、コンピューターおばあちゃんの会代表の大川加世子さん。実は先日事前の打ち合わせで大川加世子さんに初めてお会いしました。

 

御年83歳の大川さんは、世間的な分類で言えば確かに「おばあちゃん」です。しかし、実際にお会いした印象は、年齢を感じさせない「超・スマートシニア」でした。

この投稿の続きを読む »

タグ


ついに買い物2千円で配送料無料のネットスーパー登場、普及の追い風に?

スマートシニア・ビジネスレビュー 2013129 Vol.191

カスミネットスーパー

ネットスーパーもまもなく普及期に入るそんな予感が現実化しつつあることを感じました。

 

つい先日訪れたスーパーのカスミによるネットスーパーがそれです。現在会員登録受付キャンペーン中で配送開始は26日からとのこと。

 

チラシを見て“はっ”としたのは、なんと一回の買い物2千円(税込)以上で配送料無料なのです。

 

ネットスーパーが登場したのは2007年頃。ただし、当初はローカルな地元密着のスーパーが大半でした。それが昨年頃からイトーヨーカドーやイオンなどの大手も本格展開を始めています。しかし、各種調査によれば、人口当たりの利用率は最大でも20%程度と低いのが現状です。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアがネットスーパーの客にならない理由

村田裕之Eレター 2012年7月31日 Vol.44

 

こんにちは、村田裕之です。

 

ネットスーパーの動きが活発になっています。

 

特にシニアをターゲットとした

利用促進競争が目につきます。

 

しかし、現状のネットスーパーは、シニア顧客、

とりわけパソコンなどのIT機器を利用しない人にとっては、

まだ敷居が高いようです。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアにはスマホよりタブレットが本命である5つの理由

2012810日号シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第65

nexus7tabletシニアにはスマートフォンよりタブレットが有用

 

シニアをターゲットにしたスマホ「らくらくスマートフォン」がいよいよ8月から発売される。

しかし、私はシニアにはスマホよりタブレットの方が有用と考えている。その理由は、従来のIT機器が抱えていた使いにくさを次の通り解消しているからだ。

 

   携帯電話よりもスマホよりも画面が大きい。だから字が大きくて見やすく、文字も入力しやすい。

   パソコンよりも操作が簡単。指先でタップするだけで大抵のことが可能であり、キーボード入力が不要。

   電源を入れた後の起動がパソコンよりもはるかに速い。使いたい時に待たされることなく、すぐ使用できる。

   一般にノートパソコンより薄く、軽く、持ち運びが楽。

   購入価格もノートパソコンよりも一般に安い。今後はスマホよりも安くなる可能性も大きい。

 

これらのメリットから、近い将来、現状のパソコンで可能なことがタブレットでもできるようになれば、既存のパソコン利用者のかなりの割合は、タブレット利用者になっていくと予想される。

 

タブレットは女性・シニアのIT弱者に有利

 

一方、こうしたメリットのため、これまであまりパソコンに縁のなかった人やパソコン利用を躊躇していた人もタブレット利用者になる可能性が大きい。特に携帯電話は使ってもパソコンは使わない女性やIT機器の使用に無縁だったシニアがその対象となる。

この投稿の続きを読む »

タグ


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ

イメージ画像