キャンセルに!香港での高齢者向け技術(Geron technology)シンポジウム

Jockey Club Smart Ageing Hub Annual Symposium 2019

開催予定だったシンポの内容

10月18日に香港理工大学が開催予定だったJockey Club Smart Ageing Hub Annual Symposium 2019キャンセルになったとの連絡がありました。

8月20日頃までは「開催は大丈夫」との連絡が入っていましたが、8月下旬ころから雲行きが怪しくなっていました。主催者から「苦渋の決断」であり、大変申し訳ないとのお詫びが来ました。

今回のシンポジウムでは、中国大陸からも大勢のスピーカーが参加予定だったので、中国当局の指示で彼らが参加不可になった可能性が大です。

一方、今日の香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)で、香港政府トップの林鄭月娥・行政長官が同日中に「逃亡犯条例」改正案の正式な撤回を発表する見通しだと報じました。

これ以上の衝突は、予想外の事態になる可能性があるので、香港政府(とその後ろ盾の中国政府)が軟化政策に出てくる可能性があります。

政治対立に関わらず、社会の高齢化は確実に進行するので、早く収集して、両者に共通の課題に対して共に取り組んでいくようにしてほしいものです。

香港行政長官、逃亡犯条例を撤回へ 香港紙報道

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像