チャームカレッジの様子、参加者は熱心に聴講しています。

12月24日 認知症改善プロジェクト

コロナ禍で中断していた活動を再開することになりました!
情報あふれる今こそ正しい理解で感染を防ぎましょう。

株式会社チャーム・ケア・コーポレーション(本社:大阪府大阪市 / 代表取締役社長:下村隆彦 )は、東北大学ナレッジキャストとの産学連携活動「認知症改善プロジェクト」の一環として昨年度開催していた「チャーム・カレッジ」を、12月24日(木)よりオンラインにて再開いたします。

チャーム・ケア・コーポレーションは首都圏・近畿圏を中心に多数の介護付有料老人ホームを運営している東証一部上場企業です。同社は東北大学ナレッジキャストが主催する東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAC)東京に第5期から参加し、スマート・エイジングの考え方やライフサイエンス分野の知見をご入居者様の認知症改善に役立てています。

昨年度の「チャーム・カレッジ」ではチャームプレミア田園調布など複数の同社ホームで開催。ご入居者様やそのご家族様など、のべ95名が参加して「元気でいきいきと過ごすための秘訣」を東北大学の教授陣より講義いただき、大変好評を得ています。

再開第一回目は東北大学特任教授で東北大学ナレッジキャスト常務の村田裕之先生が「今これだけは知っておきたい!新型コロナウイルス感染症対策の基本」をテーマに講義を行うとともに参加者との意見交換を通じて、コロナ渦で外出機会の減りがちなご入居者様やそのご家族様の健康維持・向上を支援します。

プレスリリース
認知症改善プロジェクト 第1回 オンライン「チャーム・カレッジ」を12月24日(木)開催決定!

あわせて読みたい関連記事