先週米国オハイオ州クリーブランドに出張してきました

村田裕之Eレター 2011年11月2日 Vol.16

こんにちは、村田裕之です。

 

先週米国オハイオ州クリーブランドに出張してきました。

主な目的は、現地で実施している学習療法の

日本以外で初のトライアルに関する打合せでした。

 

打合せ内容はトライアルの細かい意見交換にとどまらず、

日本と米国の介護施設、高齢者政策の共通点と相違点、

施設経営にまで及ぶ深い意見交換を行いました。

 

以前拙著「シニアビジネス」で、

「知的合宿体験」について書いたことがありますが、

今回の出張は、まさにこれであることを実感しました。

 

年齢訴求が受け入れられる場合、ダメな場合

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011112Vol.167

 

今回のビジネスレビューでは、最近増えてきた

中高年対象の商品の訴求の可否について述べました。

 

50歳代の人向けの・・・」「60歳以上の人向けの・・・」といった

特定の年齢訴求のアプローチは、

うまくいく場合と、いかない場合があります。

 

どういう場合にその差が出るのか、

その理由は何かについて解説しました。

 

皆さんは、どういう場合なら

自分の年齢を訴求されても受け入れますか?

 

続きを読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/1383/

 

■「自分らしくいきいきと過ごすための7つの秘訣」で講演します

113日クラブツーリズム 秋の文化祭

 

クラブツーリズムが主催する113日の秋の文化祭で

「自分らしくいきいきと過ごすための7つの秘訣」

をタイトルに講演します。

 

当初100名の定員は、告知1日半で満席となり、

倍の200名になったとのこと。

今さらながらクラブツーリズムの動員力には驚かされます。

 

続きを読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/talk/speech/1202/

 

Healthy AgeingをテーマにEU代表部でレクチャーします

1111日欧州連合代表部

 

1111日に東京・南麻布の欧州連合代表部で、

Healthy Ageingをテーマにレクチャーすることになりました。

 

ユーロ危機で揺れる欧州ですが、

もうひとつの大きな課題は域内で進む高齢化です。

 

ちょうど一年前に、欧州議会議員団に向けに

Aging and policy in Japanについてレクチャーしたのですが、

最近欧州各国からの講演や共同プロジェクトの依頼が増えています。

 

特にイタリア、ドイツ、スウェーデン、フィンランド、スイスといった

国との交流が増えています。

(なぜか、高齢化関連では、私が昔住んでいた

フランスとはあまり縁がありません)

 

日本同様、社会の高齢化がいよいよ現実的になってきた

ということでしょうか。

当日は欧州連合代表部のメンバー以外に

欧州各国の関係者も多数参加するとのことです。

 

続きを読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/talk/1367/

 

 

それでは今週も、お元気にお過ごしください。

 

村田裕之

 

 

 

* 村田裕之の学べるブログ http://bb.hiroyukimurata.jp/

ほぼ毎日更新。シニアビジネスと高齢化問題のナレッジベース。

 

* 村田裕之フェイスブック http://www.facebook.com/murata.hiro

ブログでは伝えきれない日々の活動をお伝えしています。

 

* 村田アソシエイツ http://muratainc.com/

団塊・シニアビジネスのバイブル的サイト。


*
村田裕之オフィシャルサイト
http://hiroyukimurata.jp/

村田のこれまでの情報発信が掲載されています。

--------------------------

このEレターは、私がご縁をいただいた方と

受取申し込みをいただいた方にお送りしています。

 

Eレター受取の申し込み、受取の停止、受取先の変更は、

次の画面でお申込みください。

http://hiroyukimurata.jp/review/form.html

 

このEレターはご自由に転送ください。

ただし、転載の場合は事前にご連絡ください。

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像