繰り返されるシニア市場創出の試みから何を学ぶか

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第106回

ファッションショー2香港初のシニア市場イベント

1月30日、31日に香港で開催されたゴールデン・エイジ・エキスポ&サミットに参加した。サミット初日に基調講演者と招かれた私は「シニア消費者の消費行動:日本の経験」をお話しした。

ゴールデン・エイジ(Golden Age)とは、もともとギリシャ・ローマ神話のなかに出てくる黄金時代のこと。これにあやかって、主催者は45歳以上の人を人生の黄金時代を迎える人としてGolden Ageと呼んでいる。

会場は、日本で言えば東京ビッグサイト、香港最大のイベント会場だ。この一角に展示場とそれに隣接してサミット会場が設置されていた。開会式では、主催者と政府関係者による挨拶に続いて、ファッション・ショーが始まった。

この投稿の続きを読む »

タグ


Japan Ageing Population(日本の人口高齢化)

2015年11月20日 中国中央テレビ英語放送

cctc151120中国中央電視台(テレビ)の英語放送に日本の高齢化とシニアビジネスの解説で出演しました。中国中央テレビからの出演依頼は2度目です。

世界が混とんとしつつあり、少し先が予想しにくくなっています。しかし、確実に予想できることがあります。それは、人口の高齢化、シニアシフトです。

人口の高齢化は時間と共に確実に進みます。ところが、それに気が付いたとしても、多くの場合、実際の対策は後手になります。その理由は「社会が高齢化しているという実感が湧かない」からです。

この投稿の続きを読む »

タグ


拡大するシニア市場とこれからの通販のありかた

11月27日 アジア通販サミット2015

admv201511月27日、28日に韓国・済州島で開催されるアジア通販サミット2015(英文名 Asia Direct Marketing Vision 2015)で講演することになりました。

このサミットは、 日本、中国、韓国の通信販売業界団体が共同で開催するものです。元々は今年の7月開催予定でしたが、韓国でMARS騒ぎがあったため、11月に延期されたものです。

私の講演タイトルは「拡大するシニア市場とこれからの通販のありかた」です。

通信販売は、日本だけでなく北東アジア各国で成長が続いています。私も2012年11月に上梓した拙著「シニアシフトの衝撃」で、「2025年までに通販の役割が飛躍的に拡大する」と予測し、講演等でもしばしばお話ししていますが、現実はそれよりもスピードが速いようです。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア消費の現場から読み解く超高齢社会・日本

ニッポンドットコム 11月9日

nipponcomニッポンドットコム『nippon.com』は国際社会における対日理解を促進するためのウェブサイト。日本からの多言語での情報発信を専門とする組織として2010年12月に発足した一般財団法人ニッポンドットコムが運営しています。

ニッポンドットコムは、海外の有識者層を中心とした幅広い読者を対象に、日本の政治、外交、経済、社会、文化、科学技術など幅広い分野に関するオピニオンや現状を掘り下げて伝える記事を、日本語、英語、中国語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語で掲載しています。

2015年11月の特集テーマは「シニア消費から見る日本の高齢社会」。私の担当は「シニア消費の現場から読み解く超高齢社会・日本」。シニアビジネスの実践者として、シニア消費の現場から超高齢社会・日本の実像を伝えるものです。

この投稿の続きを読む »

タグ


TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」に生出演します

9月21日(月・祝)15:30よりTBSラジオ

tbsradio_daycatch敬老の日9月21日(月・祝)15:30よりTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」に生出演することになりました。

かつてマスコミ四媒体と呼ばれたテレビ、ラジオ、新聞、雑誌のうち、ネットの普及で一番落ち込んだと言われたのがラジオでした。しかし、対中高年、特にシニア層に対してはラジオの影響力はまだ侮れません。

ちょうど1年前の9月23日秋分の日にNHKのラジオ深夜便「明日へのことば」に出演した時に、そのすさまじい反響に驚かされ、ラジオの影響力を再認識したものでした。

この投稿の続きを読む »

タグ


広がる介護の保険外サービス

山口新聞 8月10日

150810ヘルパーが自宅内を片付け

介護事業者が保険外のサービスに力を入れ始めた。国が公的介護保険の対象範囲を狭める中、利用者のニーズに応えられなくなり、事業も先細りになるとの懸念があるからだ。保険で認められない自宅内の片付けなどの家事サービスを充実させたり、高齢者向け施設で野菜を販売したりといった動きもある。

この投稿の続きを読む »

タグ


片付け、見守り、野菜販売 介護「副業」に活路

SANKEI EXPRESS 8月9日

najomo-tatemono-01SANKEI EXPRESSに介護事業者が「介護保険外サービス」に力を入れ始めたという記事が掲載されました。

この記事は実は共同通信によるインタビューが記事として配信されたものです。記事の最後の方に「介護保険外のサービスについては、専門家の間で将来の市場拡大を予測する見方が強い」とのことで私のコメントが引用されています。

この投稿の続きを読む »

タグ


保険外ビジネス開始の背景と市場の有望性

高齢者住宅新聞 介護保険に頼らないシニアビジネス成功の12のヒント 第1回

koureisha150603いま、多くの介護事業者が介護保険外のシニアビジネスを模索し始めている。直接の背景は、今年4月の介護保険制度改正で介護報酬が減額になり、保険制度にべったり依存した事業はその先行きが危ぶまれているからだ。

とはいえ、公的介護保険制度がなくなるわけではない。また、全体として減額とはいえ、国が挙げる重点項目をきちんと実践している事業者は、逆に増額になるという報告もある。

この投稿の続きを読む »

タグ


ついに重版決定!成功するシニアビジネスの教科書

2015年5月27日 村田裕之の活動

cover_blogようやく「成功するシニアビジネスの教科書」の重版が決定しました。

昨年6月18日発売から11か月強での重版となりましたが、これは実はかなり異例です。その理由は、重版になる本の大半が発売後3か月以内での重版決定で、それ以降に重版決定になるのは非常に例が少ないからです。

現在、毎月2~300の新刊が発行されていますが、そのうち重版になるのは2割以下と言われています。しかも、出版市場は年々減少傾向が続いており、とりわけビジネス書は売れにくくなっています。

こうした状況下で、時間はかかったものの、何とか重版が達成できたのは、ひとえに本書をお買い求めいただいた読者の皆様、書評やSNSなどでご紹介いただいた皆様のおかげです。心よりお礼申し上げます。

この投稿の続きを読む »

タグ


保険依存から脱却を シニアの消費行動正しく理解

高齢者住宅新聞 5月27日 介護BIZ

ep150527介護報酬の減算や保険財政への不安から、保険外サービスを新たに始める介護事業者が目立っている。長年アクティブシニア向け商品の開発支援を行ってきた、村田アソシエイツ(東京都港区)の村田裕之代表は、介護事業者に対して「介護保険サービスに依存しないビジネス強化」を呼びかける。まずは保険外サービスの市場を知ることが大切だという。

―今回の介護報酬改定を受けて、介護事業者を取り巻く状況をどう捉えていますか

村田 介護事業者は介護保険に依存しないビジネスモデルに転換していくべきです。保険外サービスは介護サ―ビスの延長と捉えている人が多いのですが、マーケットは全く別物です。「既存事業を活かしてどうサービスを作っていけばいいのか、何から考えていいのかわからない」との課題を多くの事業者が抱えているのが現状だと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像