超高齢化時代到来、シニア市場はこれからどうなる?

2012420日 福岡日経懇話会

日経懇話会会報表紙福岡日経懇話会例会で「超高齢化時代到来、シニア市場はこれからどうなる?」をタイトルに講演することになりました。

 

対象は福岡日経懇話会会員企業の経営者の皆さんです。

 

最近九州を訪れる機会が増えています。空路が便利になり、日帰りが多いのが残念ですが・・・

 

以下が例会の案内です。

**************************************************************************

次回例会は、少子高齢化の進行、団塊世代の大量定年などでいよいよ本格化するとみられるシニア市場に焦点を当てます。

シニア市場100兆円という試算もありますが、多様な個人の集合であり、目の肥えたシニア層を相手にビジネスで成功するためにはコツが必要です。村田裕之氏は13年前にアクティブシニア、スマートシニアという概念を提唱し、多くの企業と様々なビジネスを事業化してきた豊富な実績があります。また特任教授を務める東北大学は、「脳トレ」で知られるように加齢医学、脳科学の研究で国内をリードする存在であり、産学連携にも積極的に取り組んでいます。シニア市場攻略のヒントと将来展望を伺います。

 

  講 師: 村田アソシエイツ代表、東北大学特任教授

村田 裕之(むらた・ひろゆき)氏

 

  日 時: 201220日(13001430

(正午開場、昼食をご用意しております。13時までに食事を終えてください)。

◇ 会 場:日本経済新聞社西部支社・6Fホール(福岡市博多区博多駅東2-16-1

 

日経懇話会のサイトはこちら

 

あわせて読みたい関連記事


タグ


03/29/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

このページの先頭へ

イメージ画像