アジア最大規模のシニアケアビジネス・フォーラムが東京で開催されます!

2015年10月9日 Ageing Asia Innovation Forum in Japan 2015

panel_Japan2来る10月9日(金)に東京・新宿の京王プラザホテルで、第2回Ageing Asia Innovation Forum (AAIF) in Japan 2015が開催されます。今回はこのイベントへのお誘いです。

AAIFは09年4月より年に一度、シンガポールで毎年開催されているアジア最大規模のシニアケアビジネスのフォーラムです。毎年世界20か国以上の民間企業・NPOの経営者、行政長官などキーパーソン200名以上が一同に会する極めて有意義なものです。

silverwood_after_winner2今年4月に開催された第6回では日本の㈱シルバーウッド運営の銀木犀(ぎんもくせい)が最優秀介護施設に、㈱オリックス・リビングの居室見守りシステムが最優秀技術賞に選ばれるなど、日本の高齢者施設への注目度が高まっています

 

熱気溢れるAAIFの雰囲気は次のビデオでご覧ください。

AAIF in Japanは、海外各国のキーパーソンに、日本の最新動向や日本スタイルの素晴らしさを伝え、新たな事業機会の創出を目的として東京で開催するものです。

IMG_2443-2昨年開催の第1回にはシンガポール、オーストラリア、マレーシア、香港、日本から60名が参加し、多彩な意見交換を行いました。第2回目の今年も、国内外合わせて100名を超える参加が見込まれます。

10月9日開催AAIF in Japan コンファレンス の特長は?

第一に、日本のシニアケアビジネス各分野の第一人者の発表をまとめて聴くことができます。(氏名登壇順、敬称略)

村田 裕之 東北大学特任教授・エイジング社会研究センター理事長
比留川博久 産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター 研究センター長
森川 悦明 オリックス・リビング㈱ 代表取締役社長・エイジング社会研究センター理事
福元 均  ㈱木下ケアプランニング 代表取締役社長
下河原忠道 ㈱シルバーウッド 代表取締役社長
佐々木 淳 医療法人社団 悠翔会 理事長
三重野 真 ㈱荒井商店 シニアライフ&メディケア事業部 取締役事業部長
小川 利久 ㈱エイジング・サポート 代表取締役・エイジング社会研究センター理事
椛澤 邦親 ㈱リエイ 取締役 海外事業部長

また、会の冒頭に経済産業省・厚生労働省から日本の動向についてのお話しをいただきます。

第二に、シニアケアビジネスの最新動向・近未来予測、ロボット介護機器やIT技術を活用した介護イノベーションから世代間交流・統合的マネジメントまで広範な現場の知恵が語られます。プログラムは次の4つのパートに分かれています。

パート1:日本のシニアケア産業の最新動向と近未来予測
パート2:ロボット介護機器など新技術によるケアイノベーション
パート3:統合的アプローチによるケアイノベーション
パート4:技術と経営の「統合知」

プログラムの詳細はこちらの説明資料をご覧ください。

第三に、海外各国の介護事業者・行政担当者のキーパーソン約50名が参加します。この方々との人的コネクションを容易につくることができます。新規事業開発では何をやるのかが大事ですが、「誰とやるか」がもっと大事です。特に海外市場開発の場合は、パートナーとして組む相手の選択が事業の成否を握ります。

第四に、質疑応答を通じて、日本のシニアケアビジネスに対する海外キーパーソンの見方・考え方が語られます。これらを通じて今後の海外市場開発のヒントが得られます。

近年成長著しいアジア市場にも高齢化の波は確実に訪れてきています。今後の急速な高齢化に伴う新たな市場と潜在的なビジネスチャンスは計り知れないものがあります。

judgeしかし、アジア市場と言っても地理的にも広大で、高齢化の進展度合いや所得水準など国によって多種多様であり、十把一からげに捉えられません

私はアジア以外の欧米でも類似の会議にしばしば参加する機会があります。その経験から確実に言えることは、こうしたハイレベルなビジネスパーソンが一同に会するフォーラムこそが、情報収集と人脈構築のうえで、最も効率的な方法だということです。

わずか1日のAAIFに参加することで、さまざまな国の経営者、政府関係者、NPOリーダーとの人的ネットワークが構築でき、多くの意見交換機会や食事会を通じてマスメディアやネットでは決してわからない現地の生情報を手に入れることができます。

AAIF in Japan コンファレンスへ参加ご希望の方は、説明資料をダウンロードいただき、内容をご一読のうえ、参加申込手順に従ってお申し込みください。なお、定員に達し次第、受付を終了させていただきますので、早めにお申し込みください。

満席につき申し込みは締め切りました。

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像