『おばあちゃん達のタブレット革命!』BSジャパン 7PMに出演します

2月12日19時~1955分(生放送)BSジャパン 7PM

7pm2月12日(火)19時から放送のBSジャパン「7PMにゲスト出演します。

テーマは『おばあちゃん達のタブレット革命!』

 

シニアの生活に根付くコンピューターライフ、タブレットという新しい形態で生活はどのように変化したか?今後どのように進化していくのか?どんな活用方法が考えられるのかなどのテーマのもと、自由なトークを行う予定です。

 

私以外のゲストは、コンピューターおばあちゃんの会代表の大川加世子さん。実は先日事前の打ち合わせで大川加世子さんに初めてお会いしました。

 

御年83歳の大川さんは、世間的な分類で言えば確かに「おばあちゃん」です。しかし、実際にお会いした印象は、年齢を感じさせない「超・スマートシニア」でした。

この投稿の続きを読む »

タグ


1月16日8:30よりKBCラジオで「シニアシフトの衝撃」についてお話しします

2013115日 ちょっと一息

KBCラジオ116日(水)朝8:30九州朝日放送KBCラジオの「武内裕之That’s On Timeに出演することになりました。

 

番組パーソナリティの武内裕之さん(私と名前が同じ!)が、拙著「シニアシフトの衝撃」を読んで下さり、「面白い!ぜひお話うかがいたい」とのことで、お声をかけていただきました。

 

武内さんは、週に2、3冊読む本好きだそうで、拙著も武内さんのアンテナにすぐ引っかかったのだそうです。

 

番組名は116日(水)の「武内裕之That’s On Time

私の登場する時刻は、8:30の予定です。

 

番組の聴き方は、次の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ


6次産業化セミナー「シニアシフトの進展と「食」からの対応」で講演します

201327日 やまがた食産業クラスター協議会

寒河江さくらんぼ

来る27日にメトロポリタン山形にて山形県とやまがた食産業クラスター協議会との共催による、やまがた6次産業化セミナー『シニアシフトの進展と「食」からの対応』で講演します。

 

このセミナーの対象者は、やまがた食産業クラスター協議会のメンバーである農林漁業、食品製造業、外食・飲食、観光等食に関する事業者の方、その他異業種の事業者の方、行政、支援機関の方々。

 

拡大するシニアマーケットの進展やこれを背景とする消費者ニーズの変化等について理解を深め、ビジネスにつなげていくため、何をなすべきか考え、行動するためのヒントを提供するのがセミナーの目的です。

 

私の講演タイトルは「「シニアシフト」をビジネスチャンスに!」。私以外では、千葉県柏市を中心に展開する高級スーパー「京北スーパー」、株式会社日東ベストにおける事例紹介も行われる予定です。(偶然ですが、私の家内の実家は柏市です)

 

ご興味のある方はお申し込みください。当日の開催概要は次の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ


01/13/2013 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

「新ヘルスケア・サービス産業創出セミナー」で講演します

2013年2月8日 経済産業省中部経済産業局

 

新ヘルスケア産業来る28日に名古屋市中小企業振興会館にて経済産業省中部経済産業局が主催する「新ヘルスケア・サービス産業創出セミナー」で講演します。

 

このセミナーは、私が委員として参加した「新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会」のとりまとめ内容を広く普及し、広域的な取り組みに繋げていくことが目的です。

 

私の講演タイトルは「シニアシフトにおけるビジネス創出について」です。私以外では、懇談会の座長を務められた あいち健康の森 健康科学総合センター長 津下一代先生によるご講演、中部経済産業局による懇談会報告、大府市、下呂市における取り組み紹介も行われる予定です。

 

参加無料ですので、ご興味のある方はお申し込みください。当日の開催概要は、次の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ


01/10/2013 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

地域におけるシニアビジネスの可能性とシニア市場の展望

2012127  千葉県経済同友会会報11月号

千葉県経済同友会_会報2012年11月_表紙_2さる94日に千葉県経済同友会の例会でお話しした講演「シニア市場の展望と地域におけるシニアビジネスの可能性」の講演録が、千葉県経済同友会会報11月号に掲載されました。

 

講演での項目は次の通りです。

 

パート1 シニア市場とはどのような性格の市場か?

パート2 事例で知るシニアビジネスの勘所

パート3 今後の有望シニア市場とは?

パート4 もっとシニアの消費を促す別のアプローチ

パート5 地域におけるシニアビジネスの可能性

パート6 高齢化する世界と日本企業の取るべき方向

この投稿の続きを読む »

タグ


12/07/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

香港で開催の「社会企業サミット2012」で基調講演します

20121124Social Enterprise Summit 2012(香港)

ses_top1129日から121日まで香港で開催のSocial Enterprise Summit 2012で基調講演します。

 

講演タイトルは、Smart Ageing Way: Japanese experience toward the super ageing societies。日本語に訳せば「スマートエイジングという方法:超高齢社会に向けた日本の経験」です。

 

このサミットは、香港在住の社会企業が一堂に集まる年に一度の大きなイベントです。社会の課題をビジネスで解決する企業を「社会企業」と呼び、社会企業の活動を紹介するとともに、社会企業を目指す若者を支援することを目的としています。

 

今回のサミットでは4人の基調講演者のうち、唯一の日本人講演者としてお招きいただきました。

この投稿の続きを読む »

タグ


11/24/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

共感する脳の解明 スマート・エイジング・セミナーへのご招待のお知らせ

20121115日 村田裕之の活動

共感する脳の解明来る112613:30より東京・汐留の電通ホールにおいて、下記の通りスマート・エイジング・セミナー「共感する脳の解明」を開催します。

 

今回は、Eレターをお読みの方向けに、特別にこのセミナーへのご招待のお知らせです。

 

このセミナーは、東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同研究センター、私が代表理事を務めるエイジング社会研究センター、および電通による共催です。

 

講師セミナー第1部では、「スマート・エイジング 認知神経科学から新産業を創生する」と題して、スマート・エイジング国際共同研究センター所長の川島隆太教授が講演します。

 

第2部では、「共感脳が拓く新しい社会価値と商品開発」と題して、私が講演します。

 

また、第3部では電通ビジネス・クリエーション局より新たな産学連携プロジェクトのご案内を行います。

この投稿の続きを読む »

タグ


台湾の大学主催の国際コンファレンスで講演します

International Conference of Wellness and Leisure Industries for Seniors

P1010976-21110日に台湾・台北市で開催されるInternational Conference of Wellness and Leisure Industries for Seniorsで講演します。
写真:台北市のはずれの神社でブラブラしている高齢者たち

この国際コンファレンスは、台湾の
Fu Jen Catholic University College of Managementが主催するもので、テーマは日本語に訳せば「シニアのための健康とレジャーに関するコンファレンス」です。

 

私の講演タイトルは「The Smart Ageing Way: Japanese Experiences for Super-Ageing Societies。日本語に訳せば「スマート・エイジングという方法:超高齢社会における日本の経験」です。

 

台湾で講演するのは初めてなのですが、今回は通常の講演依頼よりも嬉しい理由があります。それは、この講演依頼が来たのが10月初旬であること。つまり、台湾の目の先にある尖閣諸島での係争が発生してから大分時間が経過し、香港のみならず、台湾からも尖閣問題への抗議行動が出てきた後の依頼だからです。

この投稿の続きを読む »

タグ


10/29/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

スマートシニアの増加と消費行動の変化に通販はどう対応すべきか?

日本通信販売協会 TSUHAN2012

tsuhan2012118日に東京・大手町、KKRホテル東京にて日本通信販売協会主催のTSUHAN2012で基調講演をします。講演タイトルは「スマートシニアの増加と消費行動の変化に通販はどう対応すべきか?」です。

 

13年前に私が初めて「スマートシニア」という言葉を世の中に提唱した時、多くの方の反応は「面白い発想だけど、そんなシニアはどこにいるのですか?」というものでした。

 

ところが、13年経って最近は、いろいろな方が使用されるようになり、あの聖路加国際病院理事長の日野原先生も、ご自身が主催する新老人の会のキャッチフレーズとしてこの言葉を使うようになりました。

 

しかし、この言葉の意味は、単にシニアが格好良く賢く生きるということだけではありません。サービス提供者は、シニアがスマートシニアになっていくことの意味を、市場がどのように変化していくのかという観点で考える必要があるからです。

 

今回の講演ではそうした観点で次のお話をする予定です。

この投稿の続きを読む »

タグ


10/07/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

学習療法についてアメリカで講演します

LeadingAge Annual Meeting & Exposition

leadingage1021日からアメリカ・コロラド州デンバーで開催されるLeadingAge Annual Meeting & Expositionで講演します。

 

講演タイトルは「Learning Therapy™: A New Intervention for People with Dementia」。日本語に訳せば「学習療法:認知症の方向けの新しい生活介入」です。

 

今回の講演は、アメリカ・オハイオ州クリーブランドですでに学習療法を導入しているEliza Jennings Senior Care Networks社のCEODeb Hillerさん、人材開発部長のMichelle Antonczakさんのお二人との共演です。

 

日本発の非薬物対認知症療法である学習療法は、2011年に初めて日本以外の国・アメリカで実施されました。今回ご一緒するEliza社のDeb Hillerさんとの出会いが、アメリカで学習療法が実施されるきっかけとなりました。その経緯については拙著「スマート・エイジングという生き方」第4章に詳細を述べていますのでご興味のある方はご一読ください。

 

Deb Hillerさんとの出会いから始まった学習療法のアメリカでの展開は、開発者である東北大学の川島教授と公文教育研究会、くもん学習療法センターの多くの皆さんの並々ならぬご尽力により、6か月間のトライアルで素晴らしい科学的データを取得し、さらに母集団を増やしたトライアルが今も継続されています。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像