らくらくホンによる独居高齢者見守り実験が始まりました

村田裕之Eレター 2011年12月21日 Vol.22

こんにちは、村田裕之です。

 

今回のビジネスレビューでは

座間市で始まったらくらくホンによる

独居高齢者見守り実験の意義と背景について解説しました。

 

香港で普及している見守りサービスのきっかけは

亜熱帯の香港に真冬の寒波がやってきて

多くの独居高齢者が亡くなったことでした。

 

冬到来のこの時期に始まる実験は、

タイムリーと言えましょう。

 

携帯電話による独居高齢者見守り実験の意義

スマートシニア・ビジネスレビュー 20111221Vol.171

 

1214日、社会福祉法人座間市社会福祉協議会は、

NTTドコモのらくらくホンベーシック3で利用できるサービス

「つながりほっとサポート」を活用した

高齢者の見守り実証実験を行うと発表しました。

 

私は、今回の実証実験には、

   従来「個人レベル」にとどまっていた

携帯電話による見守りサービスの、

「地域コミュニティ」レベルへの適用、

   「通信インフラ」として定着した携帯電話網の、

「高齢者見守りインフラ」としての活用、

の二つの意義があると考えています。

 

昨年夏、猛暑で都市部を中心に

独居高齢者の孤独死が多数発見されたことから、

見守りサービスに対する社会的ニーズが

一段と高まっています。

 

しかし、こうしたニーズの高まりにもかかわらず、

サービスの提供形態やビジネスモデルに課題があり、

なかなか普及していないのが現状です。

 

今回の実験はその課題をブレークスルーする

可能性を秘めており、私も注目しています。

 

全文を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/product/remarkable/1564/

 

■アジアの高齢者市場どう攻略 – 日経消費経済セミナー 116

日経消費ウォッチャー 1210日号

 

日経消費ウォッチャーに来年116日(月)、

東京・大手町の日経ビルで開催するセミナー

「アジアの高齢者市場どう攻略~日本の商品開発の経験を生かす」

の告知が掲載されました。

 

限られた時間ではありますが、

どういう視点で取り組めばよいかの勘所を

お伝えしたいと思っています。

 

詳細を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/1557/

 

 

先週後半、訪れた仙台で最も感動したものは、

名物「光のページェント」でした。

 

葉っぱがなくなったけやき並木の、

枝という枝につけられたLEDが、

幾重にも重なりあって織りなす光の装飾は、

理屈抜きに感動的でした。

 

機会のある方は、ぜひ、実物を見てください。

百聞は一見に如かず、です。

 

とはいえ、なかなか仙台まで行けないという方のために、

印象的なポイントの写真をアップしましたので、ご覧ください。

 

http://bb.hiroyukimurata.jp/break/1553/

 

それでは、また、次回まで、お元気で。

 

村田裕之

 

 

 

* 村田裕之の学べるブログ http://bb.hiroyukimurata.jp/

ほぼ毎日更新。シニアビジネスと高齢化問題のナレッジベース。

 

* 村田裕之フェイスブック http://www.facebook.com/murata.hiro

ブログでは伝えきれない日々の活動をお伝えしています。

 

* 村田アソシエイツ http://muratainc.com/

団塊・シニアビジネスのバイブル的サイト。

 

* 村田裕之オフィシャルサイト http://hiroyukimurata.jp/

村田のこれまでの情報発信が掲載されています。

--------------------------

このEレターは、私がご縁をいただいた方と

受取申し込みをいただいた方にお送りしています。

 

Eレター受取の申し込み、受取の停止、受取先の変更は、

次の画面でお申込みください。

http://hiroyukimurata.jp/review/form.html

 

このEレターはご自由に転送ください。

ただし、転載の場合は事前にご連絡ください。

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像