若者のためにもなるシニアビジネス 『成功するシニアビジネスの教科書』

保険毎日新聞 2014718日号 新刊紹介

homai_140718近年の少子高齢化の進行を受けて、企業ではターゲット顧客を若者中心から高齢者中心へと移行する「企業活動のシニアシフト」が起こりはじめている。その一方で、「具体案や的確な企画が浮かばない」「事業に取り組んでいるものの苦戦している」などといった悩みを抱えている企業も少なくない。

 

多くのシニア事業を成功に導いてきた著者は、これまで多くの企業担当者から質問や相談を受けるとともに、実際の現場での苦い経験を持つ。本書は著者の経験を基に構成されており、同じ悩みで悪戦苦闘している当事者の悩みを解決する内容となっている。

 

著者は本書で、シニアビジネス成功の秘訣(ひけつ)を公開するだけでなく、シニアビジネスは若者のためにもなると断言する。一つでも多くの健全なシニアビジネスが創出され、シニアの生活不安の解消・生きがいづくりにつながれば、企業の業績が向上して若者の雇用機会が増えるというのだ。

 

国内シニアビジネスの第一人者である著者は、その体験から、一見暗く思われがちな超高齢社会の日本の未来を「決して暗くない」と力強く訴える。超高齢社会をもっと面白いものにする工夫を、明るく楽しく進めていくためにも手に取ってみたい1冊だ。

 

本書の構成は次のとおり。

 

▽第1章 :シニアの消費行動はいかにして起きるか?

▽第2章 :いかにしてビジネスチャンスを見つけるか?

▽第3章 :いかにしてシニアビジネスを発想するか?

▽第4章 :いかにしてシニアのニーズを把握するか?

▽第5章 :いかにしてシニア「個客」にうける商品開発をするか?

▽第6章 いかにしてシニアの消費心理を踏まえた商品提案をするか?

▽第7章 :いかにしてシニア顧客にリーチするか?

▽第8章 :いかにしてシニア「個客」をあなたの「顧客」にするか?

 

(四六判、256ページ、定価1600円+税)

 

成功するシニアビジネスの教科書』の詳細目次を見る

 

 

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像