お知らせ

最新情報

2019年5月24日海外動向
国連人口基金の国際会議にパネリストとして参加します
2019年5月24日ビジネス視点
そのカフェ、シニアが集まりますか?
2019年5月10日生活のヒント
中年期のメタボ対策には「昭和50年頃の食事」がよい
2019年5月8日ビジネス視点
高齢化が進むアジアと日本の事業者が進むべき道
2019年5月5日生活のヒント
知られざる?ナッツの効用
2019年5月2日ビジネス視点
世代特有のノスタルジー消費提供がカギ
2019年5月1日おすすめ
人生100年時代、どう生きるか!?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

高額商品でもシニアが繰り返し買う理由とは?

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第19回

以前、本紙連載で「シニアの高額商品購入動機」の例としてJR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」を取り上げました。

料金は、例えば2019年3月19日出発分「ななつ星in九州3泊4日春~夏コース」の場合、2名一室で1人当たり72.5万~95万円、1名一室で122.5万~155万円とかなり高価ですが、約半年前の発売でも毎回即完売。主な購入者は60歳代が中心です。

続きを読む

シニアマーケット全般を展望する

月刊シニアビジネスマーケット1月号特集

綜合ユニコムの雑誌、シニアビジネスマーケット1月号特集「有識者に聞く2019年からのシニア・ヘルスケアビジネス」に寄稿しました。

私の2019年以降の展望を述べましたので、以下に全文を掲載します。最後の中国市場についての予感は、昨年末の北京出張で強い確信に変わりました。中国のアクティブシニア市場開拓の担い手が若者であることを知って、嬉しくなりました。なぜなら、高齢化する社会の未来をつくるのは、若者だからです。

続きを読む

シニアビジネス成功の鍵は「3K解消」と「人間学」―「スマート・エイジング」で高齢者の消費変化に対応する

衆知 2019年1-2月号 特集「人生100年時代」の経営戦略

「上手くいっている時は運がいいと思え。上手くいかない時は自分が悪いと思え」

経営の神様、松下幸之助が語った私の好きな言葉です。

松下幸之助の教えや言葉を広く世の中に伝え続けているのがPHP出版。光栄なことに、そのPHP出版が発行する経営者向け雑誌「衆知」の特集、「人生100年時代」の経営戦略に私へのインタビューを基にした記事が掲載されました。次のリード文と小見出しが6ページに渡る記事内容を示しています。

続きを読む

ニューロフィードバックを応用した新しい脳トレの登場

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第140回 

最近、東北大学の研究をもとに、新たな手法による脳トレ(トレーニング)が登場した。それは「ニューロフィードバック型脳トレ」というものだ。

自分の脳活動状況をリアルタイムで計測できる

ニューロフィードバックとは、自分の脳の活動状況を自分でリアルタイムにモニターして、意識的に脳の活動を調節する手法のこと。自分の生体情報をモニターして自分の身体活動を調節する「バイオフィードバック」という手法は以前からあり、その脳神経(ニューロ)活動版がニューロフィードバックである。

続きを読む

退職者向けサービスの落とし穴は?

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第18回

企業の「退職者」あるいは在籍中の「退職予備軍」を対象としたビジネスの動きが後を絶ちません。実はこうした動きはかなり昔からあります。

にもかかわらず、ビジネスとして成功している事例は非常に少ない。その理由を10年以上前にパソナ、東京電力が中心に立ち上げた退職者支援サービス会社NARP(ナープ)を例にお話ししましょう。

続きを読む


1週間延長!大好評のラジオ深夜便「支えたい、豊かな老後」

NHKラジオ

11月28日午前1時に再放送されたラジオ深夜便「支えたい、豊かな老後」が1週間限定で、聴き逃しサービスで聴けるようになりました。

聞き役の遠田恵子ディレクターの見事な司会で、次のような順序でトークは進んでいきます。

高齢社会の定義とは?
豊かな老後を過ごす秘訣を一言で言えば?
自分のキャリアと立ちはだかってきた壁は?
挫折から立ち直るにはどうすればよいか?
賢く齢を重ねるための秘訣:スマート・エイジングのための必要条件は?
人生で起きることをどう受け止めるか?
身体が衰えて、寝たきりになっても豊かな老後を過ごす秘訣は?
後半生の仲間づくりはどうしたらよいか?
村田の人生のモットーは何か?
なぜ、村田はシニアビジネスを仕事にしているのか?
村田が目指す老後とは?

続きを読む


記録的反響のNHKラジオ深夜便「支えたい、豊かな老後」再放送

11月28日(水)午前1時台(27日(火)深夜)NHKラジオ

以前、私が出演して記録的反響があったNHKラジオ深夜便(しんやびん)が【深夜便アーカイブス】として再放送されることになりました。

ラジオ深夜便は、NHKのラジオ第1放送、FMラジオ放送、ラジオ国際放送で放送されている深夜放送番組。「大人が聴ける静かな番組」として支持され、中高年層に絶大な人気を誇る番組です。

今回放送されるのは「支えたい、豊かな老後」というテーマでの40分のトークです。話の中心は、東北大学・川島隆太教授と私との共著「スマート・エイジングという生き方」(扶桑社)の第一部第二章「自分らしく元気にいきいきと過ごす」ための7つの秘訣です。

続きを読む


新規事業の芽は顧客の「不」(不安・不満・不便)にあり

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第139回

日本企業の経営者(特に大企業)には、ニッチ分野は手間がかかり、割に合わないと軽んじる人も少なくない。

だが、初めはニッチに見えても、ちりも積もればビッグビジネスになる例は少なくない。その起業時にどのような物の見方をしているかが重要だ。カーブス創業者のゲーリー・ヘビン氏はかつてこう話していた。

続きを読む


シニア向けリフォームのメリットは節約、介護予防、認知症予防

Hyas PLAZA Vol.23

シニア市場にはどの程度潜在力があるか

本日お話しする「シニア」の言葉の定義は60歳以上の人、そして「シニア市場」とは60歳以上の人が商品・サービスの使い手である市場だとご理解下さい。

シニア市場の規模は、「60歳以上消費額の推計と家計消費市場全体における割合(出所:ニッセイ基礎研究所)」によると約105兆円です。

続きを読む


ビジネスチャンスは「ニッチ市場」にあり

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第17回

大企業も事業開始はニッチ市場から

女性専用フィットネス「カーブス」の創業者ゲイリー・ヘブン氏は、参入当初、「中高年女性相手のフィットネスなんて、そんな特殊な市場はやめたほうがいいよ。おばさんたちは、わがままで、価格感覚も厳しくて、絶対うまくいかないよ」と多くの人に言われたといいます。

続きを読む


このページの先頭へ

イメージ画像