団塊世代、退職後の消費行動の現在と5年前との比較

村田裕之Eレター 2012年7月9日 Vol.42 

こんにちは、村田裕之です。

 

529日に電通総研がリリースした

団塊世代調査に対する私なりの解釈をまとめたものが、

シルバー産業新聞710日号に掲載されました。

 

団塊世代の最年長者が65歳に達する今年2012年は、

5年前に起こった団塊ブーム再来の感があります。

 

しかし、注意深く見ると、いくつかの点で

5年前とは状況が異なっていることに気が付きます。

 

電通は7年前の0510月に同様な調査を発表しており、

この両者を比較すると団塊世代の退職後の消費行動が

この7年間でどう変わったか、その違いがよくわかります。

 

まず目に付くのは、05年調査で消費行動の上位にあった

「パソコンの購入」「車の買い替え・新規購入」などが

今回の調査では見られなくなったことです。

 

これはいったい、なぜなのでしょうか?

 

→全文を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/market/2142/

 

---------------------------------

◆お知らせ

 

■「スマート・エイジングという生き方」が書評に取り上げられました。

 

74日の保険毎日新聞、630日の経産新報で

新著「スマート・エイジングという生き方」を

書評の形でご紹介いただきました。

 

こうしたご紹介をいただけるのは、

本当にありがたいことです。

 

以下は、保険毎日新聞からの抜粋です。

*************************

65歳以上の高齢者が総人口の21%以上を占める

「超高齢社会」に突入した日本。

 

人々の 「加齢」や「超高齢社会」に対するイメージが

ネガティブであることは否めず、

実際、高齢期の人生の過ごし方や

高齢者の割合の増加に伴う社会構造の変化など、

個人や社会を取り巻くさまざまな不安・間題が浮上している。

 

そんな中で、本書は今までのイメージをぬぐい去る

新しい「加齢観」を提唱する。

 

(中略)生きている限り続いていく「加齢現象」を、

今までとはまったく別の視点からとらえることが

できるようになる一冊だ。

 

→全文を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/media/2127/

 

 

それでは今週もどうぞお元気でお過ごしください。

 

村田裕之

 

---------------------

* 村田裕之の学べるブログ http://bb.hiroyukimurata.jp/

ほぼ毎日更新?シニアビジネスと高齢化問題のナレッジベース。

 

* 村田裕之フェイスブック http://www.facebook.com/murata.hiro

ブログでは伝えきれない日々の活動をお伝えしています。

 

* 村田アソシエイツ http://muratainc.com/

団塊・シニアビジネスの基本はこちらで。

* 村田裕之オフィシャルサイト http://hiroyukimurata.jp/

村田のこれまでの情報発信が掲載されています。

---------------------

このEレターは、私がご縁をいただいた方と

受取申し込みをいただいた方にお送りしています。

 

このEレターへのご意見・ご質問はこちらへどうぞ。

mailto:eletter@hiroyukimurata.jp

 

Eレター受取の申し込み、受取の停止、受取先の変更は、

次の画面でお申込みください。

http://hiroyukimurata.jp/review/form.html

 

このEレターはご自由に転送ください。

ただし、転載の場合は事前にご連絡ください。

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像