スマート・エイジングという生き方 書評:経産新報

2012630日 経産新報

20120630.01.ec6「スマート・エイジング」とは、エイジング(加齢)による経年変化に賢く対処し、個人・社会が知的に成熟すること―。

“超高齢社会”を生きる私たちに必要なのは、「アンチエイジング」ではなく、「スマート・エイジング」なのです。

 

「脳トレ」「有酸素運動」「良質な食事」などなど、賢く年をとる方法を実践すれば、いくつになっても脳は活性化し、生きる意欲が湧いてきます。

 

「脳トレ」や『テレビいきいき脳体操』(仙台放送)でおなじみの川島隆太、高齢社会研究の第一人者・村田裕之が提唱するこの概念に世界が注目!

 

これからの人生を前向きに歩んでいきたい方の福音となる一冊です!

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像