欧州の財政危機と高齢化

村田裕之Eレター 2011年11月17日 Vol.18

eu-tokyoこんにちは、村田裕之です。

 

財政危機で揺れるEU

その渦中のEUの日本代表部で、先週、

高齢化に関するレクチャーを行う機会を頂きました。

 

会場の大講堂には、加盟国の美しい国旗がずらっと並んでいるのは、いかにもEUらしく、壮観でした。

 

同時に、その国旗の数だけ、国が存在するわけで、

それらの意見をまとめるのは

大変なことだとも思いました。

 

財政問題と高齢化対策はコインの裏表の関係なので、

現在のEUの状況は、日本にとっても

決して他人事ではありません。

 

危機という字は、「危険」と「機会」という字から成ります。

危機を単なる危険にとどめず、

新たな成長機会に変えていくことが必要で、

それはEUだけでなく、日本も同じだと改めて認識しました。

さて、今回は次をお届けします。

 

高齢者が自分らしくいきいきと過ごすための7つの秘訣

経済界1129日号 特集 安心できる老後

 

雑誌「経済界」特集 安心できる老後に

私のインタビュー記事が掲載されました。

 

この記事の内容は、最近講演でよくお話しするテーマの一つです。

特に次の箇所が、私が一番お伝えしたい内容です。

 

1人ひとりが元気にいきいきと暮らし、要介護状態にならなければ、

医療費も介護費も少なくなる。

そうすれば、これらの増加を理由とした増税は不要になる。

 

筋トレ、脳トレを継続すれば寝たきり・要介護状態が予防できる。

それだけでなく、気持ちが明るくなり、活動意欲が湧いて、

旅行に行く、買い物をするといった需要を喚起する。

その結果、経済は活性化する。

 

これこそが人間本来の姿だ。

こうした姿を見れば、次の世代も見習おうとして

社会に良い循環が生まれる。

 

高齢者が増えたら医療費・介護費を増やすという発想より、

予防に重点を置き、

人間の「生きる意欲」を促すことに注力すべきである。

 

7つの秘訣の1つでも良いことだと思ったら、

すぐに行動に移してほしい。

 

全文を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/hint/1453/

 

■7つの秘訣:大切なことは、いかに「継続して実行するか」

11月3日 クラブツーリズム文化祭 講演会報告

 

先週の講演「自分らしく、いきいきと元気に過ごすための7つの秘訣」へ

ご参加いただいた方の感想(抜粋)を掲載しました。

 

中高年の方が何を求めていて、何に惹かれているのか、

真摯な意見が寄せられています。

 

内容を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/talk/speech/1431/

 

 

■高齢社会の次世代技術をテーマにパネル討論に参加します

1118日アジア開発銀行研究所(ADB Institute)

 

1118日に東京・霞が関のアジア開発銀行研究所、

日欧産業協力センター、イタリア銀行主催のコンファレンス

Economic Opportunities from the Ageing Society: Policies and Challengesにおいて

高齢社会の次世代技術をテーマにパネル討論に参加します。

 

コンファレンスは3つのセッションからなり、

私は、ソニーコンピューターサイエンス研究所の北野宏明氏とともに

セッション3の高齢社会の次世代技術で講演します。

 

詳細を見る

http://bb.hiroyukimurata.jp/talk/speech/1442/

 

 

ようやく11月らしい寒さになってきました。

体調をくずされないよう、くれぐれもご自愛ください。

 

村田裕之

 

 

 

* 村田裕之の学べるブログ http://bb.hiroyukimurata.jp/

ほぼ毎日更新。シニアビジネスと高齢化問題のナレッジベース。

 

* 村田裕之フェイスブック http://www.facebook.com/murata.hiro

ブログでは伝えきれない日々の活動をお伝えしています。

 

* 村田アソシエイツ http://muratainc.com/

団塊・シニアビジネスのバイブル的サイト。

 

* 村田裕之オフィシャルサイト http://hiroyukimurata.jp/

村田のこれまでの情報発信が掲載されています。

--------------------------

このEレターは、私がご縁をいただいた方と

受取申し込みをいただいた方にお送りしています。

 

Eレター受取の申し込み、受取の停止、受取先の変更は、

次の画面でお申込みください。

http://hiroyukimurata.jp/review/form.html

 

このEレターはご自由に転送ください。

ただし、転載の場合は事前にご連絡ください。

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像